スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けやきリーグ第3節・最終節

先週は雨で延期となったけやきリーグ。早朝から会場の秋津東小学校に移動。前節で西原SCに敗退したため、優勝をするためには残り2試合、出来るだけ得点差をつけて勝つことが絶対条件だ。

第3節 小金井3K 2-0 秋津東

優勝を目指すためにスタートから攻撃的な布陣で臨んだ。岬が最終ラインの前でゲームを作り、前線の三杉、左サイドの早苗が絡んで次々とチャンスメーク。5分を過ぎようというあたりで、右サイドに流れた三杉のクロス、ニアに走りこんだ早田が頭であわせる。ヘディングシュートは惜しくもニアポストに阻まれたが、ファーポスト方向に転がったボールに早苗が難なく詰めて先制!

その後も、ゲームを落ち着いてコントロールし、岬のスルーパスや最終ラインに入った次藤、松山のロングフィードから決定的なチャンスを何度か作るが、シュートミスで再三の決定機を逸する。10分になろうとする頃、三杉のパスを早田が蹴りこんで追加点を奪うも今一つ物足りない2点差で前半を折り返す。

《前半のフォーメーション・先発》
vs_akitsu1.jpg


後半は、選手を大幅に入れ替えて、昨年末に北海道から転校してきてチームに入部した若島津を公式戦初起用。北海道では3Kのような少年団でやっていたわけではないので、技術的にはまだ未熟なものの、チーム一の身体能力(身長も小4で160cm以上)、俊足を誇る。

後半開始早々、相手のクリアボールを奪った若島津がエリア内でシュート。惜しくもゴール左に外れる。これまでの練習試合ではなかなかボールに触れなかった若島津だが、ここ最近の練習では徐々に上達の気配を見せており、この試合でも再三ボールに絡み、少しずつチームにフィットし始めていると実感できた。

左サイドに入った石崎、この後半はフィールドプレーヤーで入った若林も上手く攻撃に絡んでチャンスを作ったが、残念ながら追加点を奪うことは出来ず、2-0のまま試合は終了した。

《後半のフォーメーション・先発》
vs_akitsu2.jpg


第4節 小金井3K 1-0 ひばりSC

さて1試合目で大差をつけて勝つことが出来なかったため、優勝を狙うことは非常に厳しくなってしまった。しかし、最後の8人制、しかも上級生になるにあたりユニホームも新調したため小学校1~2年の頃から袖を通している現ユニホーム・背番号で出る最後の公式戦、1つでも上の順位を目指して頑張ろうと子供達に声をかけて最終節に臨む。

相手『ひばりSC』はそれほど組織的な攻撃はしないものの、背番号23をつけた絶対的なエースを擁するチーム。と言う訳で、やや守備的な布陣を敷く。試合が始まると、中盤でのプレスが全く効かずに試合を支配される。CBに入った岬が一瞬のスピードに勝る23番クンを止めることが出来ずに再三突破を許す。何とか両サイドの次頭、早田が上手く絞ってカバーリング、防戦一方、チャンスらしいチャンスを作れない展開ながら、無失点で前半を切り抜け後半へ。

《前半のフォーメーション・先発》
vs_hibari1.jpg


中盤のプレスが甘かった反省、点を取って勝ちたいという意図を踏まえ、後半は岬を1列前に上げる。ここでCBに誰を起用するかでコーチ間で迷いが出る。カバーリングの的確さ、スピードに長ける日向、男勝りで当たりが強く足元の技術もある早苗、どっちを起用するか。

監督・ロベルトFと私で話し合ったが、お互いに自信のもった結論を出せない。私たちもこの試合にどうしても勝ちたいという感覚だけは共有していたと思うが・・・。結局、コンディションがいま一つに見える日向をベンチに置いて切り札に、早苗をCBに起用する。

後半に入るとプレスも効くようになり、ある程度主導権を握った展開になる。このころ何故か風が強くなり、追い風の中での戦いに。しかし、相手ディフェンスも堅く決定的チャンスを作れない。ここで、ベンチからは『後ろの選手にもボールを落として、遠くからでもシュートをどんどん打とう!』

そして8分、大空が岬に落としたボール、岬は相手DFを1人かわしてミドルシュート、完全に入ったと思ったが、クロスバーに阻まれる。その直後の逆襲、相手23番クンが抜け出しGK若林と1対1の大ピンチ、しかし若林が飛び出してシュートコースを消しファインセーブ!緊張感ある展開が続く。

そして10分、相手DFのクリアボールを左サイドで三杉がカット。前にスペースもありドリブルでペナルティエリアに侵入する選択肢もあったと思うが、迷わず打ったシュートはGKの頭を超えてゴールネットを揺らした。待望の先制点。

その後、大空を中盤に下げ、残り3分で三杉と日向を交代。相手の反撃を何とか凌ぎながら、残り1分。ベンチでも何とか凌げるかと思った矢先、この試合最大のピンチ、そしてビッグプレーが・・・。ロスタイムが近づいた頃、相手のロングフィードから23番クンに3KDFが振り切られ、GKと1対1になる。ペナルティエリア左から打たれたシュートを若林が何とか左手で弾く。しかしボールはファーのサイドネット方向に転がる。『やられた!』と思った瞬間、早田がポストに向ってスライディングしながらボールをかきだしCKに逃げた(勇気あるプレーだったと思う!)

そして相手CKを3KDFがクリアして試合終了。この試合は1年前に3Kコーチに就任後のベストゲームだったと思う。因みにリーグの結果は勝ち点9で3チーム並び得失点差で3位だったが・・・(^_^;)

《後半のフォーメーション・先発》
vs_hibari2.jpg


この『けやきリーグ』を通しての我がチームのMVPは間違いなく早田と若林。どちらかと言うと、おっとりしてあまり闘志を表に出さない2人が、随所に気持ちの入ったプレーを見せ、攻守に決定的な仕事をしていたと思う。優勝は出来なかったが、収穫多いリーグとなった。
スポンサーサイト

テーマ : 少年サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たかゆき

Author:たかゆき
走るFC東京サポーター。
普段は投資顧問会社で年金運用に携わる仕事をしています。
練習のフィールドは、小金井公園・多摩湖自転車道・玉川上水緑道など。小金井公園走友会に入ってます。入会希望等は、お気軽にコメント等でご連絡下さい。
2003年からFC東京のSOCIO、味スタではその日の気分で、ゴール裏、バックスタンドなど出没スポットが変わります。
サッカー少年団、小金井3KSCのコーチもやっていて、現在は4年生が担当学年。JFA3級審判員。

カレンダー
最近の記事
レース出場予定
2011/8/28 北海道マラソン

最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。