スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月のまとめ(少年サッカー編)

書くのが一日遅くなったけど4年生チームの2月のレビュー。
  • 6試合 2勝1分3敗 得点17 失点10
  • 13日に予定されていた招待大会が中止になってしまった事もあり、1ヶ月にこなす試合数としてはずいぶん少なくなってしまった。
  • 大勝した試合があったので、結果的に得点力があるようにも見えるが、10失点は6試合の結果としては多すぎ。ヘディングでクリアすべきボールを足でいってトラップミス→相手に拾われて一気にゴール前、中盤が前がかりになり過ぎてディフェンスラインの前に空いたスペースを相手キーマンに自由に使われる、ほぼ全員がボールウォッチャーになり、裏を簡単に取られる。
    子供たちのポジションでいろんな事にトライした事もあったが、失点は同じようなパターンが繰り返されていた。
  • 試合も2日間が土曜日となってしまったため、練習量が不充分となってしまった事も反省点。
  • 個々の子供たちのステップアップという意味でも、2月は閉塞感が強かったかも。
  • そんな中で成長と言えるのは、子供たちの間に遠くからでもゴールを狙う意識が芽生えてきたこと。
    リュータ、リョーガ、リョースケがDFやボランチのポジションからミドル、ロングシュートを相手ゴールに突き刺した試合は大変嬉しかったかな。
    特にリュータのロングシュートは、6年生の試合でもなかなか見られないようなスーパーショットだった。リュータはこれまでにも時折、正確なミドルを決めているが、4年生でDFのポジションからこれが出来るのは潜在能力の高さかも。今後、チームの大きな武器になると思う。もっとも本人はもっと前のポジションをやりたがっているようだけど・・・


スポンサーサイト

テーマ : 少年サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たかゆき

Author:たかゆき
走るFC東京サポーター。
普段は投資顧問会社で年金運用に携わる仕事をしています。
練習のフィールドは、小金井公園・多摩湖自転車道・玉川上水緑道など。小金井公園走友会に入ってます。入会希望等は、お気軽にコメント等でご連絡下さい。
2003年からFC東京のSOCIO、味スタではその日の気分で、ゴール裏、バックスタンドなど出没スポットが変わります。
サッカー少年団、小金井3KSCのコーチもやっていて、現在は4年生が担当学年。JFA3級審判員。

カレンダー
最近の記事
レース出場予定
2011/8/28 北海道マラソン

最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。